全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー お問い合わせ        サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【行動】2010/01/21
秋の5大重点要求実現で 民主党副幹事長に要請
 1月21日、秋の5大重点要求についての文部科学省政務三役への要請に先立って、民主党幹事長室への要請を行いました。これは、民主党政権が「分権型陳情への改革」として、政務三役に対する要請の前段階として民主党幹事長室で対応することを決定したことによるものです。


写真:広野副幹事長に要請する山口隆委員長




 要請への対応は、文部科学省担当の広野ただし民主党副幹事長(参議院議員)でした。全教からは、山口隆中央執行委員長、加門憲文中央執行副委員長(日高教中央執行委員長)、本田久美子中央執行副委員長、北村佳久書記長、吉田正美書記次長、今谷賢二中央執行委員、中村尚史中央執行委員の7名が出席し、和やかに懇談、要請しました。

 要請を受けた広野副幹事長は最後に、「民主党政権は人を育てる、人を大切にするという部分を大切に考えている。また、いろいろなお話を聞かせていただきたい」とのべました。

要請書 はコチラ!
20100121165555_2 高校生の就学調査について説明する加門憲文日高教委員長

民主党副幹事長要請の発言の詳細

 山口委員長は、秋の5大重点要求にもとづく要請書を手交し、以下のように要請しました。
 最初に、教育費負担2010年度政府予算案において公立高校の授業料の無償化は、学制発布以来の改革であり、歴史的なことであること、一方で入学金や教科書など授業料以外の負担が大きいこと、私立については無償化にはいたっていないなどの課題が残されており、今通常国会で国際人権A規約第13条b項、c項の留保撤回を実現し教育費の無償化の実現をめざすこと、小中学校の就学援助の拡充などを求めました。
 第二に、少人数学級について、OECD諸国並みに学級定員を引き下げること、そのための教職員定数増について触れ、来年度予算では、7年ぶりに300人の純増としていることを歓迎するとし、さらに新たな改善計画の策定を求めました。
 第三に、学力テストについては、悉皆調査から抽出調査に転換したことは評価しつつ、抽出率が平均で30%、高いところでは70%を越えている、抽出なら5%でも十分だとして、再考を求めました。

 続いて、加門副委員長は、日高教がおこなった修学調査の結果を示し、公立高校全日制で平均32~33万円の教育費負担となっており、授業料以外の私費負担が大きく、高校でも修学援助制度の創設、完全無償化に向けたとりくみの必要性を訴えました。
 また、今谷中執は、1200人余から回答のあった教員免許更新制アンケートの結果で、この制度で教育がよくなるとするのが0.3%、良くならないが 67%、廃止を求めるものが67%、一方で役に立ったとするものが60数%であったことを示し、制度の廃止を求めるとともに、当面、講習は残ったとしても免許を失効しないものとすること、などの方策を求めました。
 さらに、本田副委員長からは少人数学級と定数改善について重ねて求め、北村書記長は、文部科学省政務三役への要請の設定に対し、感謝の意を伝えるとともに、今後も要請への対応をお願いしたい、と要望しました。
 以上の要請を受けて広野副幹事長は、「詳細な政策は政府で策定することになる(政策一元化)。幹事長室としては概要を聞いて、重要課題については政務三役で対応するというように整理し、つなぎをしている。教育費無償化の法案については、来週どこかで閣議決定をする予定である」とのべ、「民主党政権は人を育てる、人を大切にするという部分を大切に考えている。また、いろいろなお話を聞かせていただきたい」とのべました。
 最後に、2月11日におこなう教育費についてのホットラインについてその結果についてもあらためてお知らせしたい、と山口委員長が述べ、要請を終えました。


《関連項目》

■全教のとりくみ
【交渉】2012/12/03 文科省・総務省に学校司書の配置など学校図書館の充実を要求
【要請】2012/03/28 文科省に「武道必修化」を押しつけないことを求め、申し入れ
【集会】2012/03/14 全教が12春闘要求書にもとづく文科省交渉
【行動】2012/03/02 ゆきとどいた教育を求める教育全国署名 3.2国会提出行動
【交渉】2012/2/27 学校図書館職員対策部が学校司書の配置拡大で文部科学省と交渉(2/27) 学校司書配置の地方財政措置は全自治体が対象

■声明・見解・談話
【見解】2012/09/13 2013年度政府予算に対する文部科学省概算要求に対する見解を発表
【声明】2012/01/12 「2012年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」(声明)を発表
【談話】2011/12/13 「第179回臨時国会の閉幕にあたって」全教書記長が談話
【談話】2011/05/02 「地域主権改革」関連3法案の成立に対する書記長談話
【声明】2011/01/07 全教中央執行委員会声明「2011年度文部科学省予算案の閣議決定にあたって」を発表

■専門部のとりくみ
【養護教員部】2012/06/14 2012年度養護教諭の定数増を求める要求署名を提起!
【学校図書館職員対策部】2011/01/17 読書のつどいin岡山に全国から187人 図書館に「専任・専門・正規の司書の配置を」と、実践と運動を交流

■署名・ビラ・資料
【ビラ】2010/07/15 大きくすすめよう!教育全国署名
【署名】2010/07/15 教員免許更新制の即時廃止を!―署名を大きく広げましょう
【署名】2010/02/26 ▼ご協力ありがとうございました。子どもたちにゆきとどいた教育を保障する2008年度予算を求める署名は文科省に提出しました。

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2017年9月号 8月21日発売
特集 増え続ける臨時・非常勤教職員 
教育現場における非正規雇用の拡大は何をもたらしているか……中西新太郎(関東学院大学)
文科省の臨時・非常勤教職員政策と私たちの運動課題……波岡知朗(全教臨対部)
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.