全日本教職員組合
サイトマップアクセスサイトポリシー個人情報保護方針 お問い合わせ サイズ変更 大 中 小
トップページ 全教のとりくみ  項目 
全教のとりくみ
【交渉】2011/09/01
現場のニーズ、保護者の要望に応えた予算に努めたい-全教が、2012年度文科省概算要求にかかわって要求交渉

 9月1日、全教は文科省と「2012年度政府予算に対する文部科学省概算要求」にかかわって交渉を行いました。例年8月末で締め切られる概算要求が、東日本大震災や政局の動向などから9月末に延期されたことに対応したものです。交渉には、全教からは北村委員長をはじめ7人が参加し、文科省からは初等教育局財務課伯井課長以下、高校就学支援室、児童生徒課、初中企画課、高等教育局学生・留学生課、スポーツ・青少年局学校健康課が参加し、対応しました。


○被災地の要求も盛り込んだ全教の要求に応え、積極的な予算要求を
DSC09123
 冒頭のあいさつで、北村全教委員長は、「全教として被災地の33の自治体に義援金を届け、懇談してきた。これらを通して伺った要求事項は、全教としても直接文科省に届ける責任があるので、本日提出した要求書には、これらを反映させている。給付型の奨学金制度や給食費の無償化、就学援助制度の拡充などを国の責任で実施して欲しい、子どもたちを放射能被害から守る対策をすすめて欲しい、などの切実な要求が相次いだ。被災地の期待に応える制度は、日本全国の子どもたちの願いに応えるものであるとの立場で、積極的な予算要求を求める」と強調しました。
 文科省は、伯井財務課長が、重点要求への回答で「学校現場のニーズ、保護者の要望に応えるような予算に努力したい」と述べました。

 重点要求と文科省の回答、その後の論議の概要は次の通りです。
○被災地の子どもたちの生活を守り、支える予算の確保を
 被災地の現状と教育要求への対応を求めた要求に、文科省は「被災地の教育支援のために、第1次補正予算で113億円の措置を行い、被災児童・生徒就学支援等臨時特例交付金をつくり対応している。継続的支援を行っていきたい」と回答。被災地の切実な要求となっているスクールバス運行の行政経費については、「7月に事務連絡を発出し、取り扱いを周知した」と述べました。また、被災地の教育費支援については、就学援助に対して第1次補正で対応していると回答するとともに、臨時特例交付金を活用した奨学金についても「全額国費で、貸与条件の緩和、返還免除など柔軟な制度設計をお願いしている」と回答しました。
 全教は、「被災学校のバスの借り上げは緊急の要求だ。周知して継続支援をおこなうこと」「校舎の現地原形復旧は困難であり、用地の確保や校舎建設に国が予算措置を」などと要望しました。継続的支援については、「被災地の要望も強いので努力していきたい」と述べました。

○小2以降の35人学級、見通しを持った計画の策定を、加配の扱いの改善を
 教職員定数改善については、「今年度、基礎定数として2300人増を行った。現在、副大臣が主催して検討会議を設置して議論している、少人数学級がさらにすすむよう対応したい」と述べました。全教は、「小学校2年生以降への前進、見通しを持った計画をつくる、加配定数を使う手法の転換が必要」と指摘し、回答を求めましたが、「計画については申し上げられる段階ではない」と述べるにとどまりました。

○給付制奨学金の創設を
 被災地支援の項でも「給付制については慎重に検討したい」と述べるとともに、無利子奨学金についても拡充への努力を回答しました。全教は、被災地で具体化されている事実上の給付制奨学金を、全国に適用する国の制度をとしての実現を重ねて要求しました。

○協約締結権の早期回復を、定年制も含めて全教との交渉・協議を
 教職員の労働協約締結権については、「総務省と連携してすすめたい。意見があれば随時お知らせいただきたい」と述べるとともに、定年制についても「ご意見があれば伺いたい」と回答しました。全教は、「長年制約されてきた労働基本権回復が意義あるものになるよう、全教との交渉・協議を積極的にすすめること」と要望。定年制延長については、公表された教員統計の中間発表でも50歳代前半にとどまっている離職年齢を指摘しながら、「文科省による施策が具体的に問われている」と述べ、「全教との交渉・協議をさらにすすめること」と要望しました。



《関連項目》

■全教のとりくみ
【要請】2012/10/24 国際人権規約保留撤回を受けて 全教が文科省に要請行動
【呼びかけ】2012/5/10 すすめよう「えがお署名」
【交渉】2012/03/16 全教青年部文部科学省交渉
【集会】2012/03/14 全教が12春闘要求書にもとづく文科省交渉
【行動】2012/03/02 ゆきとどいた教育を求める教育全国署名 3.2国会提出行動

■声明・見解・談話
【談話】2013/01/11 文科省「平成23年度公立学校教職員の人事行政状況調査」について全教書記長が談話
【見解】2012/09/13 2013年度政府予算に対する文部科学省概算要求に対する見解を発表
【談話】2011/12/27 文科省は教職員を病気休職に追い込まない施策こそすすめるべき
【談話】2011/12/15 「木村・船越両裁判」の勝利で全教が生権局長談話を発表
【談話】2011/12/13 「第179回臨時国会の閉幕にあたって」全教書記長が談話

■専門部のとりくみ
【養護教員部】2013/6/20 2013年度養護教諭の定数増を求める要求署名を提起!
【栄養職員部】2013/5/31 学校栄養職員・栄養教諭一校一名の配置を求める要請署名
【養護教員部】2011/06/27 2011年度養護教諭の定数増を求める要求署名を提起!
【学校図書館職員対策部】2011/01/17 読書のつどいin岡山に全国から187人 図書館に「専任・専門・正規の司書の配置を」と、実践と運動を交流
【事務職員部】2010/07/14 2010年全国事務研開催案内(追加)

■署名・ビラ・資料
【署名】2013/04/18 えがお署名のとりくみをすすめよう!
【署名】2011/06/27 2011年度養護教諭の定数増を求める要求署名を提起!
【署名】2010/04/12 新しい教職員定数改善計画に向けて学校栄養職員・栄養教諭の一校一名の配置を求める署名を広げよう

子どもの権利・教育・文化 子ども全国センター 民主教育研究所 九条の会 教育子育て 九条の会 憲法改悪反対共同センター
 
3000万署名はこちら
リーフ署名
1年単位の変形労働時間制導入反対
変形労働時間制導入反対署名・チラシ
WEB署名はこちら
change.org
初めて全教WEBサイトへアクセスされた方へ
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO

月刊『クレスコ』2020年4月号 3月19日発売
特集 2020 「せんせい」になるあなたへ
生命と生命のひびきあい……鈴木大裕(教育研究者・土佐町議会議員)
子どもたちとともに成長して……福岡篤紀(広島・元中学校教員)
座談会「私が『せんせい』になった時……」……(全教青年部)
 
現場から教育を問う教育誌
 
PHOTO
バックナンバーのご案内
月刊『クレスコ』
2009年12月号 11月25日発売
特集:STOP!教職員の長時間過密労働
購読申し込み バックナンバー
 
 
zenkyo.bizに掲載の記事・写真の無断転載をお断りします。Copyright(c)ZENKYO. All rights reserved.